働く薬剤師さん

働く薬剤師さん

みなさんは薬剤師が働く場所と聞いてどういう所を思い浮かべますでしょうか?
きっと多くの方は薬剤師が働く場所としてすぐに思い浮かべるのは薬局だと思います。

 

確かに薬局には必ず薬剤師がいます。ですが、同じ薬局で働くにしてもどこの薬局で働くのかは大きな問題になってきます。では、具体的にどこの薬局で働くのが良いのかというと、一番良いのは病院のすぐ近くにある薬局で働く事です。

 

それで安定した環境で薬剤師として働く事が可能になります。なぜなら、病院の近くにある薬局で働けば毎日必ず相当な数の患者さんがその薬局に処方箋を持ってくるからです。

 

ですから、安定した収入が見込めるようになるというわけです。またこれ以外にもドラッグストアで薬剤師として働くという方法もあります。

 

ですが、正直言ってドラッグストアで薬剤師として働くのはおすすめできないです。
なぜなら、ドラッグストアの薬剤師は病院の近くにある薬局よりも安定していないからです。

 

もちろん、それなりに仕事はあると思いますがそれでもドラッグストアにはできるだけ人件費を削りたいという考えがあるので薬剤師よりも登録販売者を安い給料で雇って働かせる方が良いというのがあるからです。

 

ですから、薬剤師として働くならドラッグストアよりも薬局の方が良いです。
それぐらい薬剤師として働くなら病院近くの薬局で働くのがおすすめです。

 

ただ、中にはもっと短時間のパートで働きたいと思う人もいるかと思うので
そういう人はドラッグストアで働くのも手です。

続きを読む≫ 2016/04/18 19:47:18 html

薬剤師の仕事は資格があるため様々な職場で貢献でき、病院や薬局など幅広く選べます。仕事を探す時は求人情報の内容を確かめ、仕事内容や勤務時間を確かめてやりがいを感じて働けるように決める方法が望ましいです。
薬剤師の需要は今後の少子高齢化の影響もあり高く、仕事を探す時は志望動機や今後の目標を決めて選ぶと効果的です。仕事をする時は医師や患者に信頼されるように責任感や自覚を持って取り組むことを意識し、今後の人生に活かせるように経験を積みながら新たなきっかけをつかめるように取り組むと様々なことを発見できます。
薬剤師は他の職種と比べると給料が高く専門的な知識が求められ、初めて仕事をする時は業界の状況を確かめて今後の対策を決める方法が望ましいです。就職をする時は仕事を通して今後の人生に役立てるように新たなスキルや経験を身につけることを心がけ、経験を通して新たなことを発見できるように前向きに考えて取り組むとスキルアップができます。
薬剤師として仕事を探す時は人とのコミュニケーションが求められ、医師や患者から信頼されるようにやりがいを感じて働けるように仕事に取り組む考え方が求められます。最適な職場を探す時は求人情報を参考に、勤務時間や求められる内容を確かめて今後の人生に役立てるように決めると効果的です。
薬剤師として仕事を探すポイントは求人サイトを確かめ、求められることを理解して貢献できるように決める方法が最適です。

続きを読む≫ 2016/03/27 15:44:27 html

薬剤師のアルバイトの求人を見かけることはとても多いですが、薬剤師のアルバイトはとても時給が高いというイメージがあると思います。
たとえば、ドラッグストアでの薬剤師のアルバイト、パートの求人を見ていると、他の販売スタッフよりも時給がとても高く、2倍ほどの給与がある場合もあります。
また、調剤薬局、病院などの給与を見ていても、その他の事務スタッフなどと比べると、薬剤師の給与は破格となっていると思います。
世間一般的にも、薬剤師は給与が高い、というイメージがあると思います。
しかし、これは実際の所はどうなのでしょうか。
薬剤師は、いまのところ、登録販売士などが新しく資格として出てきており、すべての職場で需要がものすごく高いというわけではありません。
飽和状態であるとも言われていますし、また就職先がそれほど多いわけではない、と言われています。
このため、いくら給与が高いとしても、薬科大学などを出て学んでいる期間と、さらに学費などを合わせて考えてみると、それほど費用対効果は良くないのではないか、と思ってしまいます。
薬科大は6年間学費がかかりますし、また相当な勉強が必要となります。
しかし、需要がそれほどないとなれば、これだけの元を取るのは難しいのでは、と思ってしまいます。薬剤師バイトは、一件給与が高くて、薬剤師資格を持っていない人からすると「羨ましいな」「すごいな」と、思われがちですが、実はさまざまな問題を抱えていると思います。

続きを読む≫ 2016/03/14 19:21:14 the_fantasticks

薬剤師は、医師と同様、国家試験を通過した者だけが資格を持って働ける職業ですが、その薬学部に入学するには、理系科目の中でも難易度の高い入試を突破しなければならず、日本では、2006年から6年制になっているため、以前よりも学費がかかるようになってしまいました。
さらに最近では、薬剤師が飽和状態とも言われているため、薬学部受験を避ける人も増えてきたようですが、実際はどうなのか、書いていきます。
まず、薬剤師は国家資格であるので、一度取得すれば、武器になる資格です。また、薬剤師の資格を持つことで、食品や労働、企業や教育方面になど、仕事の幅を広げることが可能です。
現在、多くの薬剤師は病院や調剤薬局で働いていますし、近頃増えているドラッグストアでも、働いているのを見ることができます。
飽和状態と言われている薬剤師ですが、基本的には、正社員だけでなく、パートや派遣も募集を行っています。
正社員の薬剤師は安定した給料や昇給の代わりに、転勤する可能性がありますが、反対に派遣薬剤師の時給は高く、働きやすい環境が整っています。そのぶん、派遣なので常に不安定な立場ではあります。
ただ、勤め先の種類も幅広くなったため、勤め先によって求められる専門性や、サービス精神が異なっており、薬剤師にとっては、自分に合った職場を探し当てるのが難しい時代になったのかもしれませんので、派遣薬剤師をしながら好きなことをしていく人生も、一つの選択肢ではあります。
世の中が不景気で就職についても心配かもしれませんが、長い人生の中で、薬剤師の知識や経験は、自分の身も助ける仕事になっていくはずです。

続きを読む≫ 2016/02/21 17:52:21 the_fantasticks

薬剤師は大学で薬関係のことを学びそして資格を持つ人のことです。
この薬剤師の人は、今では薬関係の仕事では多くの需要がありまたお店などでも資格がある人がいないと薬の販売はできませんので例え結婚を機に辞めてしまった主婦の人でも再就職にとても有利ですね。
どこの店でも募集していますしまた開発の所でも人材は欲しいです。
このためにこのような資格を持った人こそ企業は人材を獲得したくまた安定性のある仕事だと思います、しかし薬に詳しいことは逆に言えば恐ろしいことでもあるのです。
人の生命を奪ってしまう毒物にも精通していることでもありこれは恐ろしいことでもあるのです、でも逆に人を生かすこともでき薬で弱った体を元気にしたり病気に対して直したりと薬学ではこのような命を救うことができるのですから素晴らしいことなのです。
特にこの分野では新薬の開発が大変なものなのです、薬を作るにも何年もかかり市販されるまでには多くの開発費と時間がかかっています、簡単にはできるものではなく様々な試行錯誤を繰り返してできる薬を作っているので薬剤師は薬のエキスパートであり知識は大変必要とされるでしょう。
薬屋さんには必ずいないといけない人ですので仕事には困らないですし大学で学んだ知識は一つも無駄ななることはないでしょう、世の中のためになる仕事ともいえると思います、医学の発展には欠かせない薬はまだまだ新薬が必要とされていますので重要だと思います。

続きを読む≫ 2016/02/17 19:04:17 html

これまでにみなさんは薬剤師になってみたいと思った事はありますでしょうか?
きっと多くの方はそれほど薬剤師になるメリットを感じていないと思います。

 

なぜなら薬剤師になるにはそもそも薬学部に入って6年以上勉強しないといけないので勉強するだけも大変な上にお金も普通の大学よりもずっと掛かるからです。

 

ですから、最初から薬剤師になるという選択肢を捨ててしまっている人が多いと思います。
でも、そういう方も今後もずっと安定した仕事に就きたいと思っている人でそれなりに収入も多い職業に就きたいなら薬剤師になるのも良いです。

 

なぜなら、薬剤師の資格があれば男女を問わずに日本全国どこでも就職で困る事もないからです。
ですから、これまで薬剤師になるまでの苦労に対してあまりメリットがないと思っていたという方は今後はぜひ薬剤師になる事をおすすめします。

 

それで多くの人はきっと薬剤師の国家資格を取得して良かったと感じると思います。
それぐらい実際には薬剤師になる価値はあります。

 

特にドラッグストアでの薬剤師の求人なら全国どこにでもあります。
ですから、薬剤師になって意味がなかったという事は絶対にないです。

 

しかも、給料も明らかに高いので本当におすすめです。
少なくともハローワークの求人でこれだけ求人の数も多くてしかも給料も高い仕事は他にはないです。

 

ですから、これから何か将来も安定した収入を得たいと思うならぜひ薬剤師を目指すと良いです。

続きを読む≫ 2016/02/15 17:34:15 the_fantasticks

ホーム RSS購読 サイトマップ